会社アカン報

ビジネスに、投資に、就職に、およそ日本の会社を知るには欠かせない情報ハンドブック「会社アカン報」。 マネー全般(株式・FX・不動産など)の”アカン”やつ紹介します。業界記者らが独自取材でアカン銘柄を先読み。

    金持ち父さんの生活

     トヨタ自動車は、2016年3月期分の役員賞与(ボーナス)の総額を、前年より約25%多い11億558万円とする方針だ。取締役9人が対象で、1人あたりの平均額は約1億2300万円。一昨年より約7千万円、昨年より約5千万円多い高水準だ。好業績を反映して経営陣のボーナスも急上昇している。 

     6月15日に開く株主総会の招集通知で明らかにした。トヨタは役員賞与を業績を土台に決めている。16年3月期決算は純利益が2兆3126億円と、3年連続で過去最高を更新。国内の上場企業としては空前の利益を稼ぎ出した。

     一方、社外を含む取締役と監査役の計26人に支給する役員報酬は、総額で10億5千万円。
    支給対象が1人少なかった昨年より、5100万円減った。
    http://www.asahi.com/articles/ASJ5J633TJ5JOIPE02M.html 

    トヨタ
     

     ビルボード誌が年に一度発表している「Top Money Makers」リストが発表された。2015年、最も売れたアルバムはアデル(Adele)の『25』だったけれど、トータルでもっとも稼いだのはテイラー・スウィフトと判明。データは、過去1年間におけるアルバムや曲単位でのセールス、ストリーミングや印税、ツアーでの収入の予測を集計したもの。スポンサーからの収入やグッズの売り上げは含まれない。 

     ビルボード誌によると、ツアーでのセールスが大きく貢献するとの見解を示した。アメリカ国内におけるアルバムの売り上げを見ると、アデルの『25』の800万枚に対し、テイラーは300万枚と下回った。しかし、テイラーは「1989」ツアーでの利益によってトータルでランキングの1位に、アデルは9位にランクインした結果となった。

     カニエ・ウエストやビヨンセは、昨年アルバムのリリースやツアーをしていなかったので、ランク外に。今年は音楽活動を開始しているので、来年発表のランキングに、大きな変動があるはずだ。

    2015年最も稼いだアーティストのランキングTOP10はこちら

    1. テイラー・スウィフト   7350万ドル(約80億円)
    2. ケニー・チェズニー   3980万ドル(約43.4億円)
    3. ザ・ローリング・ストーンズ  3960万ドル(約43.2億円)
    4. ビリー・ジョエル    3170万ドル(約34.6億円)
    5. ワン・ダイレクション   2420万ドル(約26.4億円)
    6. グレイトフル・デッド: デッド&カンパニー 2380万ドル(25.9億円)
    7. ルーク・ブライアン   2310万ドル(約25.2億円)
    8. U2           2180万ドル(約23.7億円)
    9. アデル        2050万ドル(約22.3億円)
    10. マルーン5      1920万ドル(約20.9億円)
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160510-00010001-bazaar-ent

    テイラー・スウィフト

     金融危機の到来を「仰天するほどの正確さ」で予測すると評判のハリー・デントと、『金持ち父さん 貧乏父さん』のシリーズ本で一躍その名が世界中に知れ渡ることになったロバート・キヨサキ。この2人が揃って、ごく近い将来の市場クラッシュを警告しています。

     「私たちが経験した2008年の金融危機より、はるかにひどいクラッシュとなるだろう。その結果は想像を絶する恐ろしさになるに違いない」――こう言い続けているのは、ハワイ生まれの日系4世で、ハワイの不動産投資などで成功した人物として日本でもよく知られているロバート・キヨサキ。実は2002年の時点で、キヨサキは「2016年に市場崩壊が起こる」と予言していたのです。最近になって、Market Watchが、キヨサキのこの予言を取り上げています。14年前、個人資産の形成を指南する一連の本を書いた著者は、2016年には、歴史上最悪の市場崩壊がもたらされるだろう、と予測していました。そして、今、現役を引退した何百万ものベビーブーマーは、手に入れた資金に依存する生活を送っています。しかし、キヨサキの予言は、まさにそのとき、彼らの夢を打ち砕いたのです。

     いったい誰が、2002年に彼が書いた『金持ち父さんの予言』の中に書かれている「2016年・市場クラッシュ」を想像したでしょうか。彼は、「メルトダウンは、現在進行中である。投資家にできることは、金か銀を買っておくこと以外にはほとんどない。そして、連邦準備制度理事会が、それを少しでも遅らせることを望む」と書いているのです。ロバート・キヨサキは、6年以上前から、米国の経済崩壊は不可避で、そのときのために今から準備しておくよう投資家たちに訴えていました。「そのときは、金と銀しかない」と。これは2011年3月にアップされた動画です。「2012年からは不況に入る。だから、食料などを備蓄しておくことが大切だ」と、著名な投資家たちが議論しているものです。

     キヨサキと、彼の財政専門家チームは、アメリカ人に食物、銃、貴金属をストックするよう勧めています。要約すると、次ページのようなことを主張しています。キヨサキと彼の財政専門家チームの主張を要約すると以下になります。 

    ・「私たちが予測しているように経済がクラッシュするとき、群集は金と銀を買うために殺到するようになるでしょう。 
    ・私たちは深刻な不景気に入っていくか、あるいはハイパー・インフレーションに入っていく可能性があります。 
    ・あるいは、戦争に向かうことさえあるかもしれないのです。 
    ・銃を買ってください。私は準備しています。私は、最悪の事態に備えて準備しています。 
    ・私の家に来てごらんなさい。私は武装した状態で、あなたを迎えるでしょう。 
    ・私たちには食物があり、水があり、銃、そしてゴールド(金)とシルバー(銀)、および現金があります。 
    ・クレジットカードシステムはシャットダウンし、世界は停止します。 
    ・スーパーマーケットには、3日分の食料品さえなくなっているでしょう。 

     これが、不動産投資で大成功をおさめ、まさにアメリカン・ドリームを地で行くロバート・キヨサキの発した言葉です。これが、破竹の勢いのドナルド・トランプとの共著を出版した、憧れの富豪の言葉なのです。  
    http://www.mag2.com/p/money/10042 

    ロバート・キヨサキ

     アメリカのクルーズ会社ノルウェージャン・クルーズラインが、新しい客船JOYを発表。なんと、船にカーレース用サーキットがついています。もちろん世界初。 

     サーキットつき客船JOYは、2017年航海スタート予定。北京、上海から出発のおもに中国をベースにするルート。カーレース用サーキットという存在が世間の注目を独り占めするでしょうが、その他の施設だってもちろん充実。豪華客船ときいて思い浮かぶもの、プールや劇場、ラグジュアリーなラウンジにカジノ、バラエティ豊かな食事にプライベートバトラーなど、あって当たり前。長さ360フィート(約110m)の、船から飛びださんばかりのウォータースライダーだって魅力です。キャッチコピーは「海の上のファーストクラス」、間違いないですね。
    http://www.gizmodo.jp/2016/04/post_664443.html 
     
    ノルウェージャン・クルーズライン

     フランスの高級スポーツカーメーカー、ブガッティは2月29日、3月1日のジュネーブモーターショー16でのワールドプレミアに先駆けて、『シロン』(Chiron)の概要を明らかにした。シロンは、『ヴェイロン』の後継車。ヴェイロン同様、世界で最もパワフル、最速、最もラグジュアリーかつエクスクルーシブな量産スーパーカーを目指して、誕生している。 

     そのハイライトは、ミッドシップに搭載される新開発の8.0リットルW16気筒+4ターボ。新たに2ステージターボ化されており、最大出力1500hp/6700rpm、最大トルク163kgm/2000-6000rpmを獲得する。ヴェイロンの最大出力1200hp、最大トルク153kgmに対して、300hp、10kgm強化された。トランスミッションは7速デュアルクラッチ「DSG」。駆動方式は4WD。シロンは、0-100km/h加速2.5秒、最高速420km/h(リミッター作動)という世界最高峰のパフォーマンスを達成する。

     シロンのデザインは、ヴェイロンの正常進化と受け取れるもの。2015年秋、フランクフルトモーターショー15に出品されたブガッティ『ビジョン グランツーリスモ コンセプト』のモチーフが採用されている。
    http://response.jp/article/2016/03/01/270731.html 

    シロン
    シロン

    このページのトップヘ