会社アカン報

ビジネスに、投資に、就職に、およそ日本の会社を知るには欠かせない情報ハンドブック「会社アカン報」。 マネー全般(株式・FX・不動産など)の”アカン”やつ紹介します。業界記者らが独自取材でアカン銘柄を先読み。

    編集部の立会外ショッピング

     居酒屋チェーン「甘太郎(あまたろう)」の都内2店舗で、“大食い”イベント「3人でビフテキ10ポンド喰えんのかぁ!?」が4月29日に開催される。 

     これは、10ポンド(約4.5kg)の「甘太郎のごちそうポンドビフテキ」(通常は1ポンド)を、3人1組で時間内に食べきれば代金無料、さらに食事券5,000円分がプレゼントされるという1日限りのイベント。1~2名でも参加可能だそう。制限時間は45分。参加費は税別5,997円(3人で参加の場合、一人あたり1,999円)。時間内に皿が空になれば成功となり、代金は無料になる。

     開催日時は4月29日17時30分から。開催店舗は甘太郎 渋谷センター街店、および池袋60階通り店。
    各店で先着5組限定。参加希望者は4月27日までにメール(kurusu@colowide.co.jp 宛)にて予約が必要。氏名、電話番号、メールアドレス、人数を明記のこと。
    https://entabe.jp/news/gourmet/11281/amataro-10pounds-of-beef-steak-challenge 
      
    甘太郎
    3人でビフテキ10ポンド喰えんのかぁ!?

     「ラーメンの神様」と呼ばれた「東池袋大勝軒」(東京豊島区)の創業者・山岸一雄さん(享年80)が亡くなってから4月1日で1年になる。昨年8月に発足した弟子たちの互助組織「大勝軒 味と心を守る会」では、「お茶の水、大勝軒」(東京都千代田区)店主の田内川真介氏(39)をはじめ全国26人が、一周忌の4月1日から3日間(2店は1日のみ)、師匠へ感謝を込めて「追悼サービス」を提供する。 

     「静岡大勝軒」(静岡県島田市)では、「中華そば」「特製もりそば」(ともに780円)を3日連続で500円均一に値引きし、本来170円増しの大盛りも無料にする。店主の佐野和さん(36)は「赤字覚悟ですよ。でも、太っ腹だったマスターを見習いました」と最大450円引きサービスを決断した。

     創業者・山岸一雄さん(享年80)から「東池袋大勝軒」(東京豊島区)を引き継いだ2代目店主・飯野敏彦氏(47)が経営する「東池袋大勝軒」本店は、山岸さんの一周忌にちなんだ催しなどについて「一切お答えできません」と取材を拒否した。

     昨年10月に発覚した傘下の互助組織「大勝軒のれん会」の分裂騒動後、のれん会から離脱する店舗が数店続いたこともあり、ピリピリしているようだ。関係者によると、山岸さんの一周忌の法要は、27日に埼玉県熊谷市内の寺で、親族らで執り行われるという。
    http://www.hochi.co.jp/topics/20160321-OHT1T50188.html 

    山岸一雄
     

     ヤフーは15日、オークションサイト「ヤフオク!」で、季節外れになったり、賞味期限が近くなったりした商品を売りだすと発表した。食べられるのに廃棄される「食品ロス」を減らすため、定価より約30~90%安く販売する。 

     出店するのは、通販サイト「KURADASHI.jp(クラダシ ドット ジェーピー)」。鍋のだしなどの季節商品や、賞味期限が近い商品などをメーカーなどからまとめて引き受け、値引き販売する。売り上げの一部は環境保護団体などに寄付しており、ヤフーを通じて売れた場合は、1商品につき50円(税別)を災害復興などに充てる「ヤフー基金」に寄付する。農林水産省によると、日本の食品ロスは、年間500万~800万トンにのぼるという。
    http://www.asahi.com/articles/ASJ2H5V0LJ2HULFA03L.html 

    KURADASHI.jp
     

     オリックス自動車とオリックスレンカーのフランチャイスで輸入車や高級車を中心に取り扱うタステック・レンタリース社は、メルセデス・ベンツの最高級セダン「メルセデス・マイバッハSクラス」と「レクサス LX570」を2月15日からレンタカーとしての貸し出しをスタートさせた。 

     同社によると、マイバッハのレンタカーは国内初という。トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」もそろえ、企業のイベント利用や個人のレジャー需要を取り込む。マイバッハSクラスは、法人限定での貸し出しとなり、レクサス LX570は個人の顧客にも貸し出す。マイバッハSクラスのレンタルは、当面、東京都内や羽田空港など首都圏の18拠点で始める。利用料は12時間4万7000円からとなる。車両整備などの運営は、輸入高級車のレンタカーを手がけるタステック・レンタリースが担当する。

     マイバッハSクラスは、メルセデス・ベンツのフラッグシップであるSクラス・ロングボディのホイールベースをさらに200mm延長し、その延長分をすべて後部座席の空間拡大にあてフルリクライニング2座シートなどで高級感をもたせた。また、リアのドア長さが66mm狭められ、Cピラーに三角窓が移設された。結果、ドア開口部より後方にリアシートが位置するシートレイアウトとなり、外からの視線を遮り、心地よい後席居住性を確保した。新車価格は2200万円以上で受注生産のため、現状では試乗車もない。社用車として購入する前に、同社のレンタカーで後部座席の快適性や乗り心地を確認するといった利用も可能。

     そもそもマイバッハとは、ダイムラー創世期にゴットリープ・ダイムラーと共に開発を行っていた技術者の名(姓)だ。そのマイバッハはダイムラーを辞した後に自らの名を冠した会社を興し、1920~30年代にはメルセデスと肩を並べる高級車を製造していた。1960年代にダイムラー・ベンツの傘下に入った超高級車ブランドだ。

     マイバッハのレンタルと同時にレクサスの最上級SUV「LX570」を個人と法人向けにレンタルを始める。レンタル料金は、6時間、 2万8000 円からだ。オリックス自動車は独ポルシェや独アウディなど、高級輸入車のレンタカーを多く取りそろえる。「一度憧れの車に乗ってみたい」という消費者の思いと合致し、高級車レンタカーの需要は拡大しているという。タステックグループは、1997年4月より「オリックスレンタカー」ブランドでレンタカー維持ネスを開始し、首都圏エリアにおいて海外10 メーカー、70車種、合計約250台の輸入車を取り揃えている。また現在、「ポルシェ・マカン」「ジャガーXF」「メルセデス・ベンツ」「BMW」の各シリースで各種キャンペーンを展開している。

     オリックス自動車は、首都圏エリア以外でも国内外のさまざまなメーカー、車種のレンタカーを導入し、クルマに乗る楽しさと、気軽に乗る機会を創出している。両社は今後も、より多くの人に「選ばれるレンタカー会社」を目指し、魅力的なコンテンツの拡充に努めるとしている。
    http://www.zaikei.co.jp/article/20160227/295604.html 

    マイバッハ レンタカー


     ダスキンが運営するミスタードーナツは、2月10日から、「ロイヤルミルクティ」を全国のミスタードーナツで期間限定発売する。302円でおかわり自由(店内飲食に限る)なのがウリだ。 

     選されたスリランカ産のウバ茶葉のみを使用し、力強い渋みと豊かな香りを楽しめるという。ウバ茶葉で抽出した紅茶にまろやかなミルクを合わせることで、ドーナツとの相性もよく、飲み飽きず何杯でもおかわりできるすっきりとした後味に仕上がったとのこと。

     販売期間は2月10日から4月下旬まで(順次販売終了予定)。ただし、北海道、東北地域は2月9日から発売開始。
    http://ascii.jp/elem/000/001/112/1112519/ 

    ロイヤルミルクティー

    このページのトップヘ