会社アカン報

ビジネスに、投資に、就職に、およそ日本の会社を知るには欠かせない情報ハンドブック「会社アカン報」。 マネー全般(株式・FX・不動産など)の”アカン”やつ紹介します。業界記者らが独自取材でアカン銘柄を先読み。

    起業・副業・家庭内IPO

     マンゴーの王様が糸満市内に君臨している-。その名も「マンゴ王」は、市与座の農家「かんな農園」発のゆるキャラだ。明るく楽しく農園の日常をフェイスブック(FB)やブログ上の動画でリポートしている。ネットを通じた直販網を広げたり価格を安定させる農園のブランド化の一環で、スタッフとして働く漢那宗貴さん(32)のアイデアが生んだ。

     マンゴ王は、漢那さんが友人に頼んだ手描きのデザイン画を妻の初美さん(31)がデータ化。マンゴーの育ち具合や食べ方などを伝える動画に登場する。遊び心あふれるキャラクター設定は、まじめに楽しく農業と向き合う漢那さんの思いを反映している。

     漢那さんは県内企業のシステムエンジニアとして多忙だったが結婚、娘の誕生を機に家族と過ごす時間を増やそうと退職。2013年、地元の糸満市役所に入り、農園主で父の宗信さん(64)を手伝ううちに作物を育てて人の笑顔が見たい思いが募った。

     14年に農園に入り、父が大切に育てたマンゴーが値崩れする背景を知った。豊作などでだぶつけば出荷価格は下がる。自分で出荷を調整するネット販売なら影響を受けにくいと考え、15年に予約販売を開始。1年目で約80万円分を売り上げた。直販の呼び水として、農園ファンを開拓するCM動画も制作。結婚披露宴の余興ビデオで競う「にーびち映画祭inよみたん」で大賞に輝いた腕前で自身や家族、友人も出るアットホームな動画を編集、FBで流すと人気が広がって首都圏など県外客の獲得につながった。

     漢那さんは5月ごろ、色づき始めたマンゴーの日当たりを整えるため実をつるす作業が一番好きだ。「一個一個、食べてほしい人の顔が浮かぶんです」と笑う。減農薬で手間暇掛けた実をことしも届ける。 ブログやFBは「かんな農園」で検索今年のマンゴーは16日に予約開始。マンゴ王をあしらったTシャツや子ども服も販売する。
    http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=171230 

    マンゴ王

     自動運転車に乗ってみたいと思いますか?このほどGoogleは、米国アリゾナ州にて、テスト中の自動運転車に乗り込む「Self-Driving Vehicle Operator(自動運転車オペレーター)」のアルバイト社員を、時給20ドル(約2,200円)の条件で募集開始。週5日間、6時間から8時間のシフト制で勤務可能な人を、まずは1年か2年の契約期間で採用する方針が明らかにしました。 

     今回の求人について、Googleで自動運転車のテストドライブプログラムの実施を監督するBrian Torcellini氏は、このように語っています。

     テストドライバーという職種は新しいため、特定の人物像にこだわった求人はかけていません。
    これまでにも、英語教師から溶接工にいたるまで、実にさまざまな経歴の人々が採用されてきました。一般的には、道路事情によく注意を払い、運転に関連した周囲の状況予測ができる、優秀なドライバーが求められています。よく道がわかって、特有の交通事情などにも通じた、地元のドライバーであれば、なおテストドライブに適した人材でしょうね。


     大卒以上で、1分間に40語以上のタイピングスピードを有するなど、自動運転車に乗りながら的確なフィードバックをチーム送信できるに足る条件が掲げられてはいるものの、特殊なプログラミングスキルなどは必要でないみたいですね。残念ながら、地元の交通事情に強い人を求めているようなので、日本からの応募は厳しそうですけど。

     ちなみに、実際に自動運転車に乗りながら採用試験をパスすると、その後のテストドライブにかかわる仕事内容などには守秘義務が課されます。まだ開発途上の自動運転車ならではのエキサイティングなテストドライブになっても、その体験は一切公言できません。ややミステリアスなアルバイトですが、なかなかの高時給ですし、日本国内でも募集があったらいいのにな。
    http://www.gizmodo.jp/2016/05/_2000google.html 

    グーグルカー

     ある夫婦が海辺を歩いている時にたまたま見つけた、強烈な匂いの「石」に、実は5万ポンド(約800万円)の価値があったという珍しい事態が起こりました。 

     ゲイリー・ウィリアム氏とアンジェラ・ウィリアム氏はイギリス北西部に位置するランカシャー州のミドルトン海岸を散歩している時に、腐った魚のような強烈なにおいをかぎ、石のような見た目の奇妙な物体を見つけたとのこと。2人は香水の原料であり、非常に高価なマッコウクジラの排泄物「龍涎香」についての話を読んだことがあったため、この巨大な塊を新聞紙で包んで家に持ち帰りました。

     龍涎香はマッコウクジラの腸内に発生する結石。なぜマッコウクジラが結石を作り出し排出するのか、詳しい理由は現在でも不明ですが、消化できなかったエサを消化分泌物によって結石化させることで体を守っているのだとも考えられています。排泄されて間もない龍涎香は腐った魚のような匂いなのですが、水よりも比重が軽いために長期にわたって海上を漂流している間にジャコウのようなよい香りに熟していくそうです。発見時の龍涎香のことをウィリアム氏は「イカと農場の肥やしが混ざったような独特の悪臭を放っていて、見た目は固いゴム製のボール、手触りはワックスやろうそくのようでした。触るとワックスのようなものが指につきました」と語っています。

     ウィリアム夫妻が持ち帰った塊を量りで調べたところ、重さは1.57kg。2013年にもランカシャー州で2.7kgの龍涎香が見つかっており、その時の価格は12万ポンド(約1900万円)にも上ったとのこと。夫婦はバイヤーと価格を交渉中で、「もしこの龍涎香が価値のあるものだったら、長年夢見てきたトレーラーハウスを買いたい」と語っています。

     なお、龍涎香は2012年にイギリスの少年が4万ポンド(約500万円)ほどの価値があるものを、男性2人組が50万ポンド(約6700万円)相当の価値のものを発見しています。
    http://gigazine.net/news/20160430-whale-vomit/ 

    ゲイリー・ウィリアム氏
    龍涎香

     イタリア人のブロガー、Michael Petroliniさんが編み出した、旅先でお金を稼ぐ方法が秀逸だ。 

     Petroliniさんは4か月間、日本と台湾を旅したという。そのときに旅費の足しにとあるアルバイトを考えついた。それがこれ。 

     頭を触るごとに、日本では1回50円、台湾では1回5台湾ドルを払ってもらうというもの。冗談半分で始めたようだが、意外に実入りがあったようで、合計1,346ドル(約15万円)にもなったそうだ。この「アルバイト」で出会った人と友達になったり、宿泊場所を提供してもらったりすることもあったという。ちなみに「毎回ちゃんと頭を洗いました」とのこと。 

     確かになかなか触る機会もない。触っているほうも触られているほうも楽しそうだ。

     2030年には5億人が食糧不足に陥ると予想される世界の食糧難。そこで近年注目を浴びているのが、アジア、アフリカ、南米などで20億人の食生活を支えている「昆虫食」だ。 

     国連食糧農業機関は、環境に優しく低コスト、栄養価の高い「昆虫食」の普及を奨励。シリコンバレーのスタートアップ企業も続々と市場に参入、事業を拡大する動きが活発になっている。日本でも、「昆虫食フェア」や「虫食いフェスティバル」などのグルメイベントや、パスタや唐揚げに昆虫を用いたメニューのあるレストランが増えている。

     この昆虫食を、家庭に普及させようとの野心的なシステムが開発された。オーストリア出身の女性が立ち上げたベンチャー企業 LIVIN farms の食用虫飼育キット「Hive」だ。昨年の11月にスタートしたクラウドファンディングKickstarterの目標資金10万ドルを達成、最終的には145000ドルが集まった。一般家庭のキッチンで、ゴミムシダマシ科の昆虫の幼虫ミルワームを飼育し、収穫し、食べるために必要なすべてが揃ったシステムは、この秋から製造・販売される。

     「Hive」 は、幼虫の成長段階ごとに階層が設けられた、コンパクトな引き出しのような構造。最上部にサナギを入れ、羽化した成虫が交尾をして卵を産み付ける。卵は下の階層に落ちて孵化し、幼虫に。ときどき引き出しを開けて野菜の皮などのエサを入れ、幼虫を飼育し、最下層の引き出しから3センチほどに育ったミルワームを収穫できる。センサーやヒーター、換気扇が虫の成長に最適なコンディションを保つと同時に、密閉性や防臭対策も施されている。

     収穫量は、週に約200~500グラム。幼虫の一部はサナギとして残るように設計されているため、それをまた最上部に入れ、無限に生産プロセスを繰り返す。収穫したミルワームは、いったん冷凍した後、揚げたり炒めたり茹でたり、様々な調理が可能だ。オンライン・プラットフォームでは、おつまみやサラダ、スープ、ハンバーガーなどのレシピも閲覧することができる。市場価格は649ドル、すでに予約販売が開始され、11月から日本も含め世界各国に出荷の予定だ。

     LIVIN farmsは、「肉500グラムとほぼ同じ量のタンパク質を、野菜くずで無限に生産するミルワームから摂取すれば、どんな飼料を与えられているかわからない家畜生産物から自立し、常に自分が食べる内容を正確に把握できる」と呼びかける。昆虫食の家庭への普及の原動力となるか注目だ。
    http://irorio.jp/glycine/20160414/314449/ 


     毎年ゴールデンウィークの頃になると、「商品券〇〇円相当」や「JCBギフトカード〇〇円相当」などのプレゼント・キャンペーンを展開する物件が出てくる。どのようなプレゼント・キャンペーンがあるのか調査してみた。 

     Yahoo!不動産に登録されている東京都の新築マンション(全部で361物件)のうち、「プレゼント」というキーワードで引っかかったのが33物件。この33物件の内容を確認し、抽選を除き、もれなく金券相当のプレゼントがもらえる物件は22物件であった。

    金額の高い順に紹介していこう。

    商品券5,000円相当(1物件)
    リビオ練馬中村橋で配布されている金券の額は、今回の調査では最も高額の5,000円である。ただし、「ご両親と一緒にマンションギャラリーにご来場」でなければならないって・・・・・・なんでやねん。
    リビオ練馬中村橋(練馬区)新日鉄興和不動産【ご両親とご一緒にマンションギャラリーに来場:5,000円分の食事券(4月26日まで)】

    商品券3,000円相当(7物件)
    サンウッド桜上水は、3,000円分(先着50名)のほかに、1等に当たればペア宿泊券10万円。
    ヒルトップマークス多摩唐木田(多摩市)新日鉄興和不動産【商品券3,000円(先着500組、5月15日まで)】
    サンウッド桜上水(世田谷区)サンウッド【1等 1名様 一休.comギフト「ペア宿泊券」10万円~JCBギフトカード 3,000円分 先着50名(5月31日まで)】
    ルフォン常盤台 ザ・レジデンス(板橋区)サンケイビル【全国百貨店共通商品券3,000円】
    シティテラス大森西(大田区)住友不動産【全国共通百貨店商品券3,000円】
    スカイティアラ(板橋区)住友不動産【JCBギフト券3,000円(4月)】
    シティハウス月島駅前レジデンスコート(中央区)住友不動産【クオカード3,000円】
    リビオ池上レジデンス(大田区)新日鉄興和不動産【クオカード3,000円(先着10名)】

    商品券2,000円相当(10物件)
    ブリリア 仙川 ザ・レジデンス(東京建物)は、来場1回目が1,000円の商品券、来場2回目が2,000円の商品券。巧妙な販促を展開している。
    ポレスター昭島(昭島市)マリモ【JCBギフトカード2,000円(4月24日まで)】
    ザ・調布テラス(調布市)プロスペクト【JCBギフトカード2,000円(4月24日まで)】
    ブリリア 仙川 ザ・レジデンス(世田谷区)東京建物【来場1回目:商品券1,000円、来場2回目:商品券2,000円(4月30日まで)】
    ヴェレーナ国立大学通り(国立市)大和地所レジデンス【商品券2,000円(6月30日まで)】
    ブリリア 文京江戸川橋(文京区)東京建物【商品券2,000円(4月30日まで)】
    ヴェレーナ府中美好(府中市)大和地所レジデンス【商品券2,000円(6月30日まで)】
    ヴェレーナ練馬北町(練馬区)大和地所レジデンス【商品券2,000円(6月30日まで)】
    ヴェレーナ南葛西(江戸川区)大和地所レジデンス【商品券2,000円(6月30日まで)】
    ヴェレーナ船堀(江戸川区)大和地所レジデンス【商品券2,000円(6月30日まで)】
    ジオ新小岩(江戸川区)阪急不動産【Cocozo 電子マネーギフト2,000円】

    商品券1,000円相当(4物件)
    ブリリアシティ石神井台(東京建物)は、来場回数が上がるにつれ金券の額も上がる。来場3回目で新宿高島屋商品券3,000円。東京建物は多段階方式のプレゼントが得意技なのか?


    実は同じような調査を過去に2回実施している。興味深いのは、過去2回と比べて、配布される金券が高額化していることだ。1,000円相当の金券の割合が減って、3,000円相当の金券の割合が増えている。マンション市場では、ここでもバブルか――。
    http://blogos.com/article/172293/ 

    モデルルーム見学

    このページのトップヘ