内閣官房参与の浜田宏一米イエール大名誉教授は18日、都内で記者団に対して、米国では国際金融に精通している専門家の間にも円安脅威論があり、「(日銀の)マイナス金利による円安(誘導)をけしからんと思っている人がいる」と指摘した。 

 また、日本経済のファンダメンタルズ(基礎条件)は良好だが、「世界経済の波が高く、円高・株安で儲けようとしているヘッジファンドがおり、そうした中で来年すぐに消費増税を実施するのは反対だ」と述べた。

 浜田参与は18日午前、自民党本部で開かれた「アベノミクスを成功させる会」(会長:山本幸三氏)に講師として参加。米連邦準備理事会(FRB)などについて語ったという。浜田参与は、米FRBは日本による為替介入を絶対認められないが、金融緩和は問題ないとの認識だと語り、山本氏も別ルートでそのように聞いていると話した。
http://jp.reuters.com/article/hamada-idJPKCN0Y9021 
 
 
浜田宏一
2: 名刺は切らしておりまして 2016/05/18(水) 10:10:47.58
マイナス金利がだめならEUは良いのかと言いたくなる。
円安による日本の製品競争力強化の警戒というより、ヘッジファンドの手先が米政権内部に
食い込んでいるのだろう。

4: 名刺は切らしておりまして 2016/05/18(水) 10:36:31.58
>浜田参与は、米FRBは日本による為替介入を絶対認められないが、
>金融緩和は問題ないとの認識だと語り、山本氏も別ルートでそのように聞いていると話した。

FRB委員はそうかもしれないが、クリントンやトランプやルー財務長官、財務官僚は
間接的な円安誘導になる金融緩和も明確に警告してるよ?

8: 名刺は切らしておりまして 2016/05/18(水) 12:25:43.72
一部マイナス金利より、当座預金の全額を金利ゼロにする方がよかった。

15: 名刺は切らしておりまして 2016/05/18(水) 19:08:36.87
マイナス金利は円安誘導。ところが日銀は間違ったメッセージを発してしまった。もう量的緩和は限界だ。だからマイナス金利を行った、と言う間違ったメッセージのために円高に振れた。

日銀が次に発するべきは、インフレターゲットの実現のために、さらなる量的緩和もマイナス金利の拡大も可能性を排除しない。これだ。

これまで進めてきた量的緩和に代わりに導入したマイナス金利。これは単純に日銀が取る選択肢が拡大したことを意味する。量的緩和の代わりでは無いのだ。
今後は、量的緩和もマイナス金利も、どちらもさらに拡大する可能性もある。

市場が黒田の真意を汲み取ることができれば、自ずと円の先安感が戻ってくるだろう。

17: 名刺は切らしておりまして 2016/05/18(水) 19:18:08.43
また「伝説の変節漢」「ザ・ボケ老人」の異名を取る 浜田宏一 かよ・・・

20: 名刺は切らしておりまして 2016/05/18(水) 21:28:20.17
EUもマイナス金利ですが

25: 名刺は切らしておりまして 2016/05/19(木) 00:27:06.62
目的が円安誘導だとしたら、どこの国も支持してくれない

26: 名刺は切らしておりまして 2016/05/19(木) 01:02:37.47
目的は国債金利をマイナスにすることじゃね?
そうすれば実質税金を海外にも払わせることになるんじゃね?

28: 名刺は切らしておりまして 2016/05/19(木) 18:35:54.22
■ マイナス金利は、民衆側の勝利。
(貸しても、金利収入=不当な不労所得が、儲からない)

■ プラス金利は、金融財閥の勝利。
(貸したら、金利収入=不当な不労所得が、巨額に儲かる)
 

42: 名刺は切らしておりまして 2016/05/24(火) 11:41:48.27
そりゃブロック経済思想だからけしからんと思うだろ

日本が戦争に追い込まれたようなことをやってどうする。


(引用元)http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1463533547/

ドル円市場は”アベノミクス何だったの相場”が来つつありますね。