会社アカン報

ビジネスに、投資に、就職に、およそ日本の会社を知るには欠かせない情報ハンドブック「会社アカン報」。 マネー全般(株式・FX・不動産など)の”アカン”やつ紹介します。業界記者らが独自取材でアカン銘柄を先読み。

    2016年01月

     経営再建中のシャープを希望退職した人の再就職が難航するなか、特別相談窓口を設けている 
    奈良労働局は合同就職面接会を開きました。経営再建中のシャープを希望退職した人のための特別相談窓口を設けている奈良労働局は、25日に地元の製造業や製薬会社など4社と、元シャープの社員など約60人が参加する合同就職面接会を開きました。

     相談窓口には、これまでに820人が登録しましたが、再就職できた人の数は261人と3割程度で、50歳以上では全体の7割以上の人が再就職できていません。

     「20社近く全部で受けていますね。厳しいです」(元シャープ社員)
    http://www.mbs.jp/news/kansai/20160125/00000057.shtml 

    シャープ
     
      

     タカラトミーは、千葉・幕張メッセ開催された東京オートサロンで、ミニカーのトミカと戦国武将を掛け合わせた「トミカ武将コレクション」を先行販売した。異色のコラボに、トミカを幼少期に楽しんだ大人たちが列をなしていた。 

     「武将トミカ」は、NHK大河ドラマ「真田丸」の主人公・真田幸村や織田信長、上杉謙信など計6種類。幸村の車種は「スバル WRX STI TypeS」。色は軍勢が「真田の赤備え」と呼ばれたことから赤色にし、ボンネットには家紋の六文銭をあしらった。スバルを選んだのは、スバルが群馬県に工場を持っており、真田家が当時その地を治めていたからだという。

     破竹の勢いで天下に迫った織田信長は、その勢いから日産自動車の高性能スポーツカー「GT―R」。天下統一した徳川家康は、トヨタ自動車の「クラウンアスリート」。国産高級セダンのパイオニアでもある「王様」を当てはめた。ほかの武将の名前を付けられたミニカーも、車体に家紋や旗の紋、甲冑のイメージをあしらった。

     「武将トミカ」は1月から11月まで全国の書店で隔月で販売する。先行販売は東京オートサロンが開かれている17日まで。幸村は税抜き1200円。残りの5車種は税抜き600円となっている。
    http://www.asahi.com/articles/ASJ1H5RCRJ1HUEHF00C.html 

    真田幸村トミカ


    真田幸村トミカ。車種は「スバル WRX STI TypeS」
    徳川家康トミカ


    徳川家康トミカ。車種は「トヨタ自動車 クラウンアスリート」
    織田信長トミカ


    織田信長トミカ。車種は「日産自動車 GT―R」。
    上杉謙信トミカ


    上杉謙信トミカ。車種は「光岡自動車 オロチ」
    武田信玄トミカ


    武田信玄トミカ。車種は「三菱自動車 ランサーエボリューションX」
    豊臣秀吉トミカ


    豊臣秀吉トミカ。車種は「日産自動車 フェアレディZ ロードスター」

      

     カキ氷のシロップは色と香料の違いだけでイチゴもメロンもレモンもブルーハワイも全て味は一緒だということが、2015年夏ころネット上をにぎわせていました。この事実を知ったとき、思わず「嘘!?」となった人は多かったはず。 

     わたしたちが感じている味の8割はなんと香りで決定されるようで、風邪などで鼻がまったく効かない状態だとほとんど味がわからなくなってしまうのもこのことを証明しています。さて、そんな味の性質を逆手に取った商品がクラウドファンディングで達成率700%超だということで海外で話題になっていました。
     
     「The Right Cup」というこの商品、カップに口をつけたときに香りで刺激することで、ただの水でもジュースのように感じさせるという脳をだます食器なのです。そもそも30歳という年齢で糖尿病だと診断されてしまった開発会社のCEOであるアイザック・ラビ氏が、糖質制限をされてしまった際に「ただの水を飲むのは味気ない」と思ったことから考えられたものなんだそうです。現在フレーバーはレモンライム、オレンジ、ミックスベリー、アップル、コーラの6種類で定期的に新しい味をリリースしていく予定だとか。

     FDA(アメリカ食品医薬品局)にも認められたもので安全性はお墨付き。効果はだいたい半年持続するそうです。ゲットするには寄付という形でindiegogoのサイトの特典から選ぶ方法になりますが、現在まだ残っているものだとお好きな味のカップ4種類セットで78ドル(約9190円)から。日本からでも予約でき、2016年4月発送予定だそうです。

     本来は健康のためにつくられているので、邪道とはわかっているものの飲兵衛としてはビールや焼酎、ウォッカやジンなどを入れて楽しんでみたいと思ってしまいますね。いったい、どんな味がするのかワクワクしませんか?
    http://otakei.otakuma.net/archives/2016011203.html

    The Right Cup


      

     フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリは18日、「らくらくメルカリ便」の「匿名配送サービス」について、全ユーザー向けに提供を開始した。

     「匿名配送サービス」は、出品者・購入者ともに、相手の住所・氏名などの個人情報を伝えることなく、
    配送が行えるサービス。メルカリとヤマト運輸が、住所等のデータを連携することでサービスを可能とし、昨年9月より、一部ユーザーのみに試験提供を行っていた。「らくらくメルカリ便」の利用時に匿名配送を選択すると、配送ラベルにはコードが記載され、個人情報は記載されない。匿名配送を選択することによる追加料金は不要。 

     なお「らくらくメルカリ便」は、メルカリとヤマト運輸が連携して開始した配送サービスで、全国どこから発送しても同一の料金設定を採用。メルカリが料金の一部を負担することで、ヤマトの通常料金より最大69%オフでの発送が可能。アプリが発行するQRコードを、ヤマト運輸の店頭端末「ネコピット」で読み込むことで、伝票が印刷される。今後はドライバーによる集荷、コンビニでの発送受け付けも対応の予定。
    http://www.rbbtoday.com/article/2016/01/18/138781.html 

    宅配テロ
     
     
      

    このページのトップヘ